17日で発生から24年となる阪神大震災をきっかけにつくられた「事前復興計画」を作る自治体が全国で増えつつある。街や産業の再建を前もって検討することで早期復興につなげる狙いがある。