【名護】「110番の日」の10日、イオン名護店で、名護署(山田聡署長=写真左)の署員や防犯ボランティア約20人が110番通報の正しい利用法をアピールした。 同署によると、2018年に同署が受けた110番通報は約9千件。そのうち、約4割は苦情や相談といった緊急性の低い内容だったという。