宮古島漁協(儀保正司組合長)が車エビの安定生産に力を入れている。2016・17年度と2年連続でウイルス性の病気で生産量が落ち込んだことから消毒を徹底。今季は例年並みの生産量確保を見通す。海外クルーズ船の寄港回数の増加や航空便の新規就航で、宮古島の観光客数は4年連続で過去最高を更新している。