サッカーの元日本代表FW巻誠一郎(38)が16日、熊本市内で引退記者会見を開き「全てサッカーを通して学んできた。サッカーは僕の人生全て」と感慨深く振り返った。熊本県出身のストライカーは「最後に生まれ育った熊本で引退できたのは幸せなこと」と、故郷のファンに感謝した。