2018年の日本人の海外旅行者(出国者)が前年比6%増の1895万人となり、6年ぶりに過去最多を更新したことが16日、観光庁の集計で分かった。これまでは12年の1849万人が最多だった。格安航空会社(LCC)の就航増や、堅調な国内経済が反映したとしている。