17市町村の首長選に始まり11月に知事選を控える2014年県内政局の“1年戦争”第2ラウンドとなった石垣市長選は、県政与党の自民、公明が推した現職の中山義隆氏が再選された。自民は「名護は落としたが、これで1勝1敗」(県連幹部)と天王山の知事選、そして4月に控える前哨戦の沖縄市長選に弾みをつけた。