読谷大闘牛大会が2日、うるま市石川多目的ドームであり、県内各地からの闘牛ファンや観光客など約600人が詰め掛け、8組(2組は不戦勝)の対戦を楽しんだ。3番戦までは、不戦勝や短期決戦が多く、やや盛り上がりにかける展開。しかし、最後の2組が熱戦となり、観客の目をくぎ付けにした。