ビール大手5社が16日発表した発泡酒と第三のビールを含むビール類の2018年の出荷量は、前年比2・5%減の3億9390万ケース(1ケースは大瓶20本分)となった。14年連続で最低を更新し、1992年の統計開始以来、初めて4億ケースを割った。