沖縄タイムス紙面掲載記事

がんと診断 最多99万人/16年 人口比で沖縄最少

2019年1月17日 05:00

 厚生労働省は16日、2016年にがんと診断された人は99万5千人で過去最多を更新したと発表した。高齢化が主な原因で、当面増加は続くとみている。がん登録推進法に基づき、全てのがん患者を追跡する「全国がん登録」のデータを初めて分析。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気