沖縄防衛局は16日、名護市辺野古の新基地建設で土砂投入の際に水の濁りを少なくするため細かな土の割合を示す「細粒分含有率」は、護岸で締め切った区域に投入する土砂の基準ではないとの考えを示した。来県した野党国会議員の合同ヒアリングで述べた。