謝花喜一郎副知事が名護市辺野古の埋め立て承認を再度撤回する可能性に言及したのは、新基地建設を阻止するあらゆる手法の中で最も効力があるのが撤回にほかならないことを意味する。