政府は17日、世界遺産条約の関係省庁連絡会議で、自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)をユネスコに再推薦すると正式に決めた。22日に閣議了解し、2月1日までに推薦書を提出。20年夏の世界遺産委員会で登録の可否が審査される見通しだ。

 沖縄本島北部の「やんばるの森」

 政府は17年に推薦したが、昨年、事前審査したユネスコ諮問機関から課題を指摘され、いったん取り下げた。その後、推薦区域の拡張や自然保護の強化といった見直しを進めていた。

 再推薦では、亜熱帯常緑広葉樹林にアマミノクロウサギやヤンバルクイナなど多くの固有種が生息する「生物多様性」の豊かさを強調した。(共同通信)