沖縄タイムス+プラス プレミアム

各市長に相談なく… 県民投票「4択」求め、うるま市長が県市長の会長声明

2019年1月18日 08:11

9秒でまるわかり!

  • 県市長会長のうるま市長が県民投票の選択肢増を求める声明を発表
  • うるま市長は、市長会の長として「分断はあってはならない」と説明
  • 一方、他市長に相談はなく、「声明は無効」「総意ではない」と批判の声

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設の埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、県内11市長でつくる県市長会の島袋俊夫会長(うるま市長)は16日、選択肢を4択に増やし、投票日を変更するよう求める会長声明を発表した。

あわせて読みたい

関連リンク

サクッとニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS