【嘉手納】米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機1機が4日午前、通常訓練中に、同基地の北西約150キロの海上で風防ガラスと呼ばれる操縦席のカバーを脱落させた。同基地報道部によると落下場所は訓練空域内でパイロットにけがはなく、風防ガラスの可動部分のみが落ちたという。