【渡嘉敷・座間味】慶良間諸島国立公園が「サンゴの日」の5日、官報に告示され、31番目の国立公園として誕生する。指定範囲は、両村の陸域3520ヘクタールと海域9万475ヘクタール。透明度の高い「ケラマブルー」の海には多様なサンゴが生息し、ザトウクジラの繁殖地でもある。