IT企業役員として働く傍ら、SF的と評される純文学を発表してきた39歳が、科学の発展と人間性の限界を思索した野心作で芥川賞に輝いた。 受賞作の「ニムロッド」が題材にしたのは仮想通貨。