歌舞伎など伝統芸能の担い手を育てるため、独立行政法人「日本芸術文化振興会」(東京)が運営する研修制度が存在感を増している。1970年の開始から約50年がたち、歌舞伎の舞台では俳優の約3割、音楽演奏者の9割近くを研修修了者が占めるケースも。