自説の承認を直ちに求める人は多いだろう。しかし偉大な学説ほど、他人にはなかなか認められない。あの地動説のように。そう考えると、梅原猛さんはつねに承認を未来に託していたのかもしれない。