6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から24年となった。地震が起きた午前5時46分には、平成最後の追悼式典で犠牲者を悼み、遺族が経験を「語り継ぎたい」と誓った。東日本大震災や熊本地震など各地の被災地から多くの人が兵庫県を訪れ、共に支え合い、新しい時代に記憶をつなぐことを確かめた。