共同通信 ニュース

渡部暁は4位、レーアルV スキーW杯複合個人第11戦

2019年1月19日 00:55

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は18日、フランスのショヌーブで3日間、3試合の総合成績で争う「トリプル」第1戦を兼ねた個人第11戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は4位だった。

 W杯複合個人第11戦 前半飛躍の渡部暁斗=ショヌーブ(共同)

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS118メートル)は112メートルを飛び、131・2点の5位。首位と34秒差でスタートした後半距離(5キロ)で表彰台争いを演じたが、3位と0秒5差でゴールした。

 フランツヨゼフ・レーアル(オーストリア)がW杯初優勝。渡部善斗(北野建設)は6位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は11位、山元豪(ダイチ)は12位、山本涼太(早大)は30位。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS