沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が現在埋め立て区域に投入している土砂(岩ズリ)の1立方メートル当たりの単価を1社だけの見積もりで決めていたことが18日、分かった。