宜野湾市役所前で沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の全県実施を訴えてハンガーストライキを続けている「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表は19日、同所で会見し、選択肢を3択にする条例改正案が与党内で検討されているとした一部報道について、「やはり2択に絞ってほしい」との考えを示した。

 検討されているとされる第3の選択肢「やむを得ない」については、賛成の選択肢が三つのうち二つあることになるとし「ものすごい違和感がある」と話した。

 体調については「昨夜、手足にしびれが出てきた」と語った。