沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票に不参加を決めている5市に投票実施を求め、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)が宜野湾市役所前で続けていたハンガーストライキが5日目の19日午後5時、ドクターストップで終了した。15日午前8時から始まった元山代表のハンストは105時間に及んだ。

ハンガーストライキの終了を発表する元山仁士郎さん=19日午後5時、宜野湾市役所前

 19日午後4時半の医師の診断があり、2日前より血圧が急激に下がり、このまま続けると危険な状態になる可能性があるとし、中止を求められた。元山さんは続行の意思を示したが、サポートメンバーとの協議の末、終了が決まった。

 元山さんは記者団に「5市長が参加表明しない悔しさはすごくある。一方で県議会の水面下の動きがあるとのことで期待して、自分のハンガーストライキという抗議は終えたいと思う」と発表した。その後、メンバーに肩を担がれて車に乗り、病院へ向かった。

 ハンスト現場で募った署名は、サポートメンバーが20日まで続ける。