沖縄総合事務局は6日、東海沖から四国沖の「南海トラフ」沿いで巨大地震が発生し、それに伴う津波が襲来した場合、離島を含む県内の避難者が最大で7300人に上るとの内閣府試算を明らかにした。要救助者は100人、死者10人に達するという。