仲井真弘多知事は6日の県議会2月定例会一般質問で、宮古圏域の空港に整備が予定されていた国際線受け入れに必要なCIQ(税関、出入国管理、検疫)施設に関して、宮古空港に国際線ターミナルを整備し、2015年度の供用開始を目指す方針を明らかにした。座喜味一幸氏(自民)の質問に答えた。