沖縄タイムス+プラス ニュース

「実はネトウヨでした」翁長前知事の息子、転機は父へのひどい中傷

2019年1月21日 07:24

■幻想のメディア SNSの民主主義(1)第1部 何が起こったのか

 〈亡くなった父・翁長雄志の後継者として、バトンを受け取った玉城デニー氏。一緒に最後まで頑張り抜きます。〉

「ネトウヨの走りだった」学生時代を振り返る翁長雄治さん=7日、那覇市内

前知事の故翁長雄志さんを批判するツイートは今もツイッターに上がっている

「ネトウヨの走りだった」学生時代を振り返る翁長雄治さん=7日、那覇市内 前知事の故翁長雄志さんを批判するツイートは今もツイッターに上がっている

 県知事選の投開票日を控えた2018年9月5日、玉城デニー候補(当時)の支援者の会青年局長を務めていた翁長雄治さん(31)=那覇市議=は、初めて自身のツイッターのアカウントを開設し、こうツイートした。

 選挙運動のモットーは「マイクの代わりにSNS」。候補者の政策を自分の言葉で伝えるという狙い通り、雄治さんのアカウントは開設からわずか2週間弱でフォロワーが4千人超に。選挙期間中に発信した内容の多くが千件以上の「リツイート」や「いいね」の反応を得た。

 ツイートする際、雄治さんは自身に二つのルールを課し、守ったという。一つは「自分がうそだと思っていることは書かない。相手候補を批判しすぎない」。二つ目は「客観的に書く」。

 〈売国奴の息子ってどんな気持ち?〉

 一方でツイートには、名護市辺野古への新基地建設に反対したことを理由に、インターネット上で〈売国奴〉などと中傷され続ける前知事で父の雄志さん(故人)を引き合いにした投稿も寄せられた。主義主張の異なる人へ攻撃的なコメントをネット上で展開する、いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれる人たちからのツイートだ。

 これに対し雄治さんは「面と向かって言われているわけではない。何とも思わない」と淡々と受け流す。そう思える背景には自身が大学生だったころの体験があるという。「実は僕も、ネトウヨのはしりみたいなものだったんです」

mixiばかりやっていた

 2009年、翁長雄治さん(31)=那覇市=は千葉県内の大学に通っていた。「部活と授業以外にやることがない。一人家にいることが多くてmixi(ミクシィ)ばかりやっていた」と振り返る。

 ミクシィは、匿名でネット上の自分の「日記」に気になるニュースのリンクを貼り付け、記事への意見を書くことができるインターネットの会員制交流サイトだ。政治に興味があった雄治さんは毎日のように匿名の人たちが書く日記を見続けた。

 〈民主党になったら中国に支配される〉

 そんな時、興味を引いたのがこんな一文だった。

 当時、新聞やテレビでは連日、民主党による政権交代が取り上げられていた。しかし論調はどれも政権交代を歓迎する内容に思え、みんなが同じ方向を向いていると違和感を覚えていたという。雄治さんは、そうしたメディアの論調を真っ向から否定する日記の言葉に引き付けられた。

 「日記を見続けていると、まるでそれが自分の思想のような感じがしてくる。真実はネットにこそあると思っていた」。いつしか自身も日記に民主党政権への批判的なコメントを書き込むようになった。

ネットで叩かれる父

 一方、古里の沖縄が日記で取り上げられると、ミクシィの中の意見とは考えが合わないと感じた。

 〈基地を受け入れないのは沖縄のわがまま〉

 〈(基地に反対なら)中国に支配されればいい〉

 「なぜ沖縄に来たこともない人たちが批判するのか。なぜ沖縄が基地を拒んだら文句を言われないといけないのか」と疑問に思っていた。

 こうした意見への違和感をさらに強く抱くようになったのは13年1月、那覇市長だった父の雄志さんがネット上でたたかれるようになってからだ。東京で米軍普天間飛行場の県内移設断念とオスプレイの配備反対を訴えるデモの先頭に立った雄志さんに対し、ネットでは〈売国奴〉〈反日だ〉といった批判的なコメントがあふれるようになっていた。

 政治家の父は、沖縄の基地問題は日本国民全体で考えなければならない問題だと常々語っていた。大学卒業後に沖縄に戻り就職していた雄治さんは、そんな父を間近に見ていた。「寝る間も惜しんで市民のために行動する父が、なぜこんなふうに言われなければならないのか」と憤りを感じた。

 一方で頭をよぎったのは、大学生の頃、民主党に所属していたある国会議員に、まさに今、父に向けられている同じ言葉を放っていた自分の姿だ。「僕がたたいてきた議員のことはちゃんと知っていたんだろうか」(「幻想のメディア」取材班)

 ◇     ◇

 2018年9月の県知事選は、かつてないほどインターネット上に情報があふれた。その結果、有権者をはじめ選挙関係者や報道するメディアもこれまでと異なる対応を求められた。新たに生まれた言論空間を生き抜くために必要なメディアリテラシー(読み解く力)とは何か。県知事選の経験から考える。

 【ことば】ネトウヨ インターネットの「ネット」と「右翼」を合わせた造語。会員制交流サイト(SNS)やネットの掲示板、ブログなどで右翼的な考えを展開する人たちのことを指す。主義主張を唱えるだけにとどまらず、自身の思想に反する意見に攻撃的なコメントを展開する人々全般を称することが多い。

<幻想のメディア(2)に続く>

〈ご意見・情報をお寄せください〉
gensou@okinawatimes.co.jp
社会部FAX098(860)3483

連載バックナンバー


沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS