南米大陸最高峰アコンカグアへの登頂を目指していた冒険家三浦雄一郎さん(86)の事務所は21日、同行した医師の判断で登頂を中止したと明らかにした。体調には問題なく、既に下山したという。三浦さんは事務所への電話で「僕自身大丈夫、頂上まで行けるという自信がありましたが、医師の判断に従うことにしました」と話した。

 三浦雄一郎さん

 事務所によると、三浦さんは現地時間18日、キャンプ地「プラサ・コレラ」に到着、山頂への登山に向け天候待ちをしていた。同20日、約6千メートルでの長期間の生活が肉体的に負担で、さらに高い標高での活動は心不全の危険があるとドクターストップとなったという。(共同通信)