沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)は22日、「琉球新麺 通堂」(同市、金城良次店長)とコラボした「通堂監修らぁめん」を発売する。県内のファミリーマート全店で2月11日までの3週間、限定販売する。

沖縄ファミリーマートが発売する「通堂監修らぁめん」の「おとこ味」(左)と「おんな味」

「通堂監修らぁめん」を発売する(左から)沖縄ファミリーマートの渡邊浩平さん、オフィスりょう次の高江洲隆司さん、金城良次社長、沖縄ファミリーマートの與座尚志広報・マーケティング室課長=21日、那覇市の沖縄タイムス社

沖縄ファミリーマートが発売する「通堂監修らぁめん」の「おとこ味」(左)と「おんな味」 「通堂監修らぁめん」を発売する(左から)沖縄ファミリーマートの渡邊浩平さん、オフィスりょう次の高江洲隆司さん、金城良次社長、沖縄ファミリーマートの與座尚志広報・マーケティング室課長=21日、那覇市の沖縄タイムス社

 通堂監修らぁめんは、通堂オリジナルの粉を配合した生麺が特徴。レンジで温め、カップ内に入っているゼラチン状のスープを溶かす。こってりスープに青ネギやごまを乗せた「おとこ味」(税込み540円)と、さっぱりスープに刻み昆布とのりを乗せた「おんな味」(同520円)がある。

 両方とも通堂が18年前から提供している看板メニュー。沖縄ファミマと通堂による共同開発商品は、2004年のカップ麺に続き2回目。

 通堂の金城良次店主=写真右から2人目=は「数あるラーメンの中からお客さんに選んでもらうので、昨年8月下旬から妥協せずに試行錯誤した。喜んでもらえる味に仕上がった」と話している。