沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県民投票「与野党双方が折り合いを」 県議会議長、県三役と面談

2019年1月21日 14:57

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、新里米吉県議会議長は21日午前、玉城デニー知事、謝花喜一郎、富川盛武両副知事と面談した。3択案について、与党3会派のうち2会派が2択で実施すべきだと主張していることなどを報告した。

県三役への報告を終え、記者団の取材に応じる新里米吉県議会議長=21日、県庁

 面談後、新里氏は記者団の取材に「(条例改正が)難しくなったことは事実。与党内の動きに何らかの変化がない限り(事態は)展開していかないのではないか」との認識を示した。

 その上で「与野党が2択、4択で争っていては全県で実施できない。双方が折り合いを付けて、県民投票を全県民でやれるようにすることが大きな課題だ」と述べた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS