国民民主党の玉木雄一郎代表は21日、名護市辺野古の新基地建設現場を海上から視察した。政府が軟弱地盤の改良に向けた設計変更に着手することに関して、「変更の手続きは経るべきで、沖縄県との対話も深めないといけない。民意を無視して強引に工事を進めることがあってはならない」と述べた。