多士済々の女子卓球界で地位を築いた勝負師としての顔と、天真らんまんな10代の表情を併せ持つ。まだ18歳ながら、2年連続で国内最高のタイトルを独占し「今年はとにかく楽しもうというのが一番。去年より緊張しなかった」と喜んだ。