名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、条例改正の見込みがなくなったことについて、「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表は20日、本紙の取材に「全県実施を諦めない」と述べ、引き続き全市町村での実施を目指す考えを示した。