台湾の大手企業の代表らでつくる「中華民国三三企業交流会」(略称・三三会、理事長・江丙坤中国信託商業銀行最高顧問)の沖縄視察団約30人が8日、来県した。11日までの4日間、県内の商業、観光施設などの視察、県内企業との意見交換などを通して、今後のビジネス展開の可能性を探る。三三会の沖縄訪問は初めて。