立憲民主党県連(代表・有田芳生参院議員)は19日、衆院4区検討準備委員会を立ち上げ、次期衆院選で4区から党公認候補の擁立を目指す方針を決めた。 今後、4区の市町村出身者を中心に人選を進め、並行して他政党との調整を進めていく考え。