名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、全県での実施に向け新里米吉県議会議長が与野党間の調整に入ることになった。条例改正を含め、公明党からの要望を受けたものだが、与党からは「署名により制定された正しい条例を変える理屈がない」と強い反発が上がっており、改正は困難との見方が大勢だ。