広島カープの初代監督、石本秀一の野球人生に迫る大冊である。 第1章では、日露戦争という時代背景の中で、野球に興じる少年時代が語られる。広島商業に進み、全国大会に出場。監督時代には母校を4度も全国制覇させる。 1931(昭和6)年の優勝時は、その褒美で北米に遠征した。