本書の主張は極めてシンプルだ。病や障害とともにある社会において、なおすこと、できるようになることが、無条件でよいとは言えない。「できる・できない」に関わりなく生活ができるようにするとよい。本当はあなたができなくてもたいして困りはしない。