被災地の子どもたちを沖縄に招待する「ティーダキッズプロジェクト」。同実行委員会事務局長の坂田竜二さん(45)は、夏休みだけでも放射能汚染や避難の不安から離れ、伸び伸び過ごしてもらおうと、伊江島での民泊を企画した。県内外から支援者、資金が集まり、これまで宮城、福島の両県から120人余を招いている。