生産調整(減反)が廃止されて2年目となる2019年産の主食用米について、沖縄を含む34道府県が生産量の目安を前年より減らす計画を立てたことが18日、農林水産省などの調べで分かった。増産は8県、横ばいは3県だった。