宮腰光寛少子化対策担当相は18日、子育て世帯の支援策として、子連れ出勤などの取り組みを推進する方針を打ち出した。積極的な施策を実施する自治体向けの交付金も2019年度から拡充する。宮腰氏は記者会見で「子連れで働ける環境は優秀な人材確保につながり、企業にもメリットがある」と述べ、意義を訴えた。