対照的な、あまりにも大きい言動の落差に接すると、私たちが向き合うべき相手が見えてくる。