沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、「辺野古」県民投票の会(元山仁士郎代表)は21日、「全市町村での事務実施を行う政治的環境が整うのであれば、条例改正に対し、柔軟に対処する」との声明を発表した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。