県産農林水産物や加工食品を紹介して、地産地消や食農教育を促す「おきなわ花と食のフェスティバル2019」(主催・同フェスティバル推進本部)が26、27の両日、那覇市の奥武山公園で開かれる。生産者団体や食品業者など182ブースが出展し、県産農林水産業物の試食販売や展示をする。昨年は過去最高の21万3千人が来場しており、今年も18万人以上を目指す。

県産の野菜や果樹を持ってPRするフェスティバル推進本部の大城本部長(中央)と島尻勝広、普天間朝重両副本部長=21日、JA会館

 26日午後1時からは、フラワー技能士などが花を生けて観客が審査する「花いけバトル」が初めて開かれる。県産食材を使った料理のナンバーワンを決める「おきなわ島ふ~どグランプリ」や県産畜産物が特価で買える「ま~さん市場」、海ブドウ品評会、果樹や野菜の模擬競りが体験できるコーナーなどもある。

 同フェスティバル推進本部本部長の大城勉JAおきなわ理事長は「安全で新鮮な県産農林水産物と加工品を、知って触れて味わって、魅力を感じてほしい」と呼び掛けた。