島根県は15日、同県竹島(韓国名・独島)で江戸時代から日本人が漁をしていたとされる古文書を含む「大谷家文書」553点を昨年7月、大谷家の関係者から寄贈されたと明らかにした。