【読谷】サッカーJ1サガン鳥栖が20日、読谷村でキャンプインした。2月3日まで約2週間。村の関係者らは21日、村陸上競技場で歓迎式を開き、参加したルイス・カレーラス監督や選手、スタッフら約50人を激励した。  村では8回目のキャンプとなる。チームには紅イモ菓子やマグロなど村の特産品が贈られた。