名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、玉城デニー知事が与党の一致を前提に「3択」への条例改正を検討していることが明らかになった。全県実施を追求する県として「何らかのアクションを起こさないといけない」(関係者)と、主体的に取り組む姿勢をみせる。