【嘉手納】風防ガラスの落下事故後、飛行を停止していた米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が10日午前、6日ぶりに訓練を再開した。米軍側は「安全確認を行った」としているが原因は公表していない。着陸後に緊急車両が出動するトラブルもあり、周辺市町村は反発を強めている。