「有識者ではなく、活動する一市民の立場から話します」-。目の前の大物議員らにそう前置きすると、ハリウッドスターは一気に話し始めた。  2月26日の米上院外交委の公聴会。コンゴ民主共和国の現状を証言するために出席したのは、米俳優のベン・アフレックだ。