沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄が舞台「宝島」で直木賞 真藤順丈さんインタビュー 基地問題を考える一助に

2019年1月23日 08:00

 【東京】米軍統治下の沖縄で生きる若者たちを描いた小説「宝島」(講談社)で直木賞を受賞した真藤順丈さん(41)が22日、都内で沖縄タイムスのインタビューに応じた。名護市辺野古の新基地建設に関し「なぜ(沖縄と政府が)対立しているのか(受賞作が)考える一助になれば」とした。その賛否を問う県民投票については「1票は声。その声を奪うことはしないでほしい」と話した。

沖縄タイムスのインタビューに答える真藤順丈さん=22日、東京都文京区の講談社

「目を向けなければいけないもの、戦後の沖縄に」

 「宝島」は、米兵による人身事故をきっかけに、住民が米国人車両などを焼き払った「コザ騒動」や、宮森小学校への米軍機墜落事故など史実をたどりつつ、基地内から物資を奪い「戦果アギヤー」と呼ばれる若者の生き様を描いている。

 真藤さんは執筆のきっかけを「敗戦から経済成長し、今に至る日本の成り立ちで、私たちが目を向けなければいけない大事なものが戦後の沖縄にあるとずっと感じていた」と語る。

 「戦果アギヤー」の存在は「生活に必要な糧を奪うとともに、戦争や時代に奪われた土地や場所を自分たちの手に取り戻すものだった」とし、今の基地問題も「奪われたものを奪い返すという点では、戦果アギヤーに集約される」と話す。

 その上で「歴史的な背景を『本土』の人たちが知らない。無理解、無関心がある。なぜ知事が先頭に立って対立しているのか考える一助になれば」と願い、「忌避したり、陰でうわさしたりするのではなく、表立って議論するところを目指すべきではないか」と語った。

 戦後沖縄の歩みに関し「悲劇的な出来事がある中でも、人々の普遍的な営みがあった」とし、本作の役割について「登場人物たちと追体験することで、(読者が)自分のこととして考えられる」と話した。 本作は沖縄の「しまくとぅば」を多用している。「大きな挑戦だった。沖縄の方々がどう受け止めるのか、賛否を含めて聞いてみたい」と語った。(東京報道部・西江昭吾)

 
第160回直木賞受賞 宝島
第160回直木賞受賞 宝島
posted with amazlet at 19.01.23
真藤 順丈
講談社
売り上げランキング: 11
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
皆様のご投票をお待ちしております。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!