気象庁は23日、北海道で24日にかけて猛吹雪になる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。全く見通しが利かず運転が困難になる恐れがあり、吹きだまりによる交通障害、暴風にも注意が必要だ。

 気象庁によると、低気圧が急速に発達しながら北海道付近を通過する見通し。23日夕方には雪を伴った西の風が強まり、24日には北寄りの風に急変して非常に強くなる。

 また、太平洋側東部とオホーツク海側を中心に24日にかけて湿った重い雪が強く降りそうだ。太平洋側東部では高潮による低い土地の浸水にも警戒が必要。流氷の動きが激しくなり、船舶の航行にも注意がいるという。(共同通信)